pyenvのインストール

このページは機械学習用計算サーバーの構築(インストール編)の下層であり、当該ページ内の順序にインストールされることを想定した内容です。

pyenvは、複数バージョンのPythonを仮想環境上で管理できるソフトウェアです。Anacondaも同様の機能があり、かつ多くのソフトウェア群がまとめてインストールできるパッケージ管理システムです。

これを読むと、Anacondaだけでいいではないか、と思い、最初はAnacondaのみインストールする予定だった。しかしAnacondaはOpenSSL・curl・PythonのPATHを変える必要があるため、それらのOS本体にのったソフトウェアを使用する際に問題が生じる。自分の場合、OpenSSLを使用してWebサーバーを立てる構想があるので、できれば避けたい問題である。

そこで多くのLinuxユーザーが取っている苦肉の策が、pyenv + Anacondaという組み合わせだ。pyenvの仮想環境上にAnacondaを載せることで、それらの問題を解消する方法である。

こちらのページに詳しく書かれており、なぜみんなAnacondaの仮想環境機能を使用せずにわざわざpyenvを使っているのか、という疑問が解消した。

というわけで、pyenvのインストールを行っていく。

最初に、必要な環境のインストールを行う。

続いて、pyenvをインストール。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)