Ubuntu 16.04 LTS & Windows 10 Pro デュアルブート環境の構築

このページは機械学習用計算サーバーの構築(インストール編)の下層であり、当該ページ内の順序にインストールされることを想定した内容です。

UbuntuのGRUBブートローダーで、OS選択ができるようにする。このサイトがまとまって書いてあってわかりやすい。

Windows 10 Proのインストール

こちらは、普通にインストールすれば良い。(パーティションすら区切らなくても良い後で変更可能である。心配な場合はパーティションを区切ってから行う。)ここにマザボやグラボのユーティリティをインストールし、ファームウェアを最新にする。

また、Ubuntuのインストール前に、ファストブートを解除する必要がある。そうしないと、GRUBブートローダーの設定時に、「Windowsがここにいますよ」と言ってくれないので、OS選択ができなくなってしまう。

Ubuntu Server 16.04 LTSのインストール

インストール前に、Gpartedを用いてWindowsパーティションを縮小する。今回は50GBに設定した。その後は、空き領域を最大限使う設定でインストールすればよい。swapも自動で切ってくれる。あとは、オプションで何をインストールするのか聞いてくるので、OpenSSHを選択してインストール。また、インストール途中に自動アップデートの設定について聞かれるので、セキュリティアップデートを自動で行うよう選択する。

日本語でインストールした場合、標準コンソールで操作する際に、OS側は日本語を表示しようとして文字化けしてしまう。そのため、インストールが終わったら $ vi ~/.bashrcにおける最終行に

を追加することで標準コンソールは英語で表示され、文字化けは起こらない。(SSHでは日本語がきちんと表示される。)

最後に、

として最新にしておく。

「Ubuntu 16.04 LTS & Windows 10 Pro デュアルブート環境の構築」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)