VNC Serverの設定

このページは機械学習用計算サーバーの構築(インストール編)の下層であり、当該ページ内の順序にインストールされることを想定した内容です。

以下のコマンドでインストールを行う。

VNCはたとえパスワードを掛けたとしても簡単に解析されてしまう。そのため、インターネット越しで通信する場合はSSH上で通信する。

を実行すると、パスワードを聞かれるので入力すると、設定される。パスワードを変更したい場合は

を実行する。初期設定ファイルが生成されたので、変更を加える。

とし、最終行に

を追加し、MATE Desktopが立ち上がるようにする。(xstartupはvncスタート時に実行されるコマンドである。)

起動時にVNCを自動起動させたい場合は、

のマーク部分を追加する。

なお、VNCを終了したい場合は、

とする。最後の数字は、VNC環境のディスプレイ番号である。複数個環境を起動することができる。デフォルト設定であれば、それぞれポート番号は5900 + ディスプレイ番号となる。(例:ディスプレイ番号が1であれば5901番ポート)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)